自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

ホオズキ  ナス科 ホオズキ属
学名: Physalis alkekengi L.var franchetii (Mast.) Hort.
ホオズキの花 ホオズキの実1 ホオズキの実2
ホオズキの花 ホオズキの実
観賞用として植栽されているが、まれに自生している高さ60〜90cmになる多年草。地下茎は長く、地中を横に走り、新芽をだして繁殖する。茎はあまり分岐せず直立する。葉は互生で節毎に2枚つけ柄がある。葉身は卵円形で先は鋭形または鈍形で、へりには大形の鋸葉がある。6〜7月、葉腋から花茎をのばし、その先端に淡黄白色の五弁花を1個ずつつける。花後がくが大きく風船状となり果実を包む。果実は球形の液果で緑色、秋に紅熟する。全体に独特の臭気がある。紅熟した液果は甘い。栽培品種も作られている。
薬用部分 地下茎、液果、全草
採取時期 地下茎 : 秋〜冬
液果   : 夏〜秋
全草   : 夏の開花中
調整法 地下茎 : 日光干し
全草   : 陰干し
薬効と用い方 突き目 熟果を湯の中でもみ破り、その湯で洗滌するとよい。
子供の百日咳 青い果実を黒焼きにし、その粉末1日量1〜6gを、3回に分けて白湯で服用するとよい。
利尿、咳止め、解熱 乾燥した全草1日量3〜10gをコップ2杯の水で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用するとよい。地下茎も同様に利用する。
しもやけ、イボ 液果の汁をつけるとよい。
産後の子宮出血 乾燥した地下茎を煎服するとよい。
ひざの痛み ホオズキとトチの実をホワイトリカーに漬け込んだものを塗布するとよい。
メモ 漢名 : 酸漿(さんしょう)
熟した液果は食べられる。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.