自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

イヌホオズキ  ナス科 ナス属   方言: ツヅラゴ,ツヅラゴソウ
学名: Solanum nigrum L.
イヌホオズキの花 イヌホオズキの実
イヌホオズキの花 イヌホオズキの実
道端や畑地などに生え、高さ20〜90cmになる一年草で、有毒植物の一つである。茎は分枝して横に広がる。葉は互生して柄があり、卵形で鈍頭または先端が尖り、へりには鋸歯のないものと波状の鋸歯があるものとがある。葉質は薄く柔らかい。夏から秋にかけて、節と節との間から、細長い花枝をだし、その先端に柄のある白色の五弁花を数個下向きにつける。花後球形で緑色の液果を結び、熟すと黒色になる。
薬用部分 全草
採取時期 8〜9月
調整法 陰干し
薬効と用い方 帯状疱疹
(ヘルペス、方言でツヅラゴ)
果実のついている全草を生のまま細かく刻み、食酢に漬けたもの、またはビンに入れてならしたものを、直接患部に当てるか、汁を塗布するとよい。そのほか乾燥した全草の煎汁を塗布してもよい。
はれもの 生の全草に少量の塩を加えてもみ、でた汁を塗布するとよい。
同じ仲間 ヒヨドリジョウゴ、ヤマホロシ、マルバノホロシも同様の効果がある。
メモ 漢名 : 竜葵(りゅうき)
仙南及び福島県地方では、ヒヨドリジョウゴをツヅラゴといい、仙北地方では、イヌホオズキをツヅラゴといっている。 
注意 解熱、利尿などに内用する療法もあるが、有毒なので内用はしない方がよい。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.