自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

キカラスウリ  ウリ科 カラスウリ属  方言: カラスウリ,カラツウリ,カラツ
学名: Trichosanthes kirilowii Maxim.var.japonica (Miq.) Kitam.
キカラスウリの花 キカラスウリの果実
キカラスウリの花 キカラスウリの果実
山野または家の近くの籔、生垣などに生える蔓性の多年草で雌雄異株。地下には肥厚した塊状の長大な根がある。茎は細長い蔓となり、節には3〜5本に分れる巻きひげがあり他のものにからみつく。葉は互生し柄があり、広心臓形で三〜五裂し表面には短毛がある。8〜9月、葉腋に単独で花弁が糸状に細裂した白色の雌花をつける。雄花は穂状につく。花後広楕円形の果実を結び、秋に黄熟する。
薬用部分 果実、種子、根
採取時期 秋〜冬  種子は果実を水中でつぶしてとりだす。
調整法 日光干し
薬効と用い方 ひび、あかぎれ
しもやけ、擦過傷
果実をつき砕いて、酒かホワイトリカーに浸して置いたものを患部にすり込み、1日3回念入りにくり返す。また、果実をつぶし酢を混ぜた汁を患部に塗布するとよい。根の煎汁も同様に用いる。
解熱、咳止め
胃潰瘍、黄疸、通経
糖尿病ののどの乾き
根1日量5〜15gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用するとよい。
利尿、催乳 種子1日量5〜8gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ、服用するとよい。
喘息 種子1日量5gを細かく刻み、コップ3杯の水で半量になるまで煎じ、服用するとよい。
小児のあせも、汗知らず
老人の床ずれ
生の根をすりおろして採った澱粉を打ち粉として使用するとよい。
メモ 漢名 : 括楼(かつろう)




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.