自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

クマヤナギ  クロウメモドキ科 クマヤナギ属
学名: Berchemia racemosa Siebold et Zucc.
クマヤナギの木 クマヤナギの実 クマヤナギの実(黒熟)
クマヤナギの木 クマヤナギの実 クマヤナギの実(黒熟)
山地や平地の藪、または川沿いの土手、湿地などに生える蔓性の落葉低木。大きな幹は直径数cmにもなり、樹皮は茶褐色で縦に裂け目がある。枝は細長い円柱形で強く、他の樹木に巻きついてはいあがり緑色で毛はない。葉は互生して柄があり、卵形または長楕円形で先端は短く尖り、全縁で滑らか。質はやや硬く7〜8対の側脈があり、裏面はやや白色をおび、基部に托葉がある。夏に枝先または枝腋に円錐花序をだし、緑色をおびた白い小花を多数つける。花後楕円形の核果を結ぶが、その年は熟さずそのまま越年し、7月頃紅色となり後に黒熟する。
薬用部分 幹、枝、葉、核果
採取時期 幹、枝、葉 : 盛夏
核果 : 7〜8月
調整法 幹、枝、葉 : 陰干し
薬効と用い方 食欲不振 幹枝葉1回量2〜5gをコップ1杯の水で半量になるまで煎じ服用するとよい。
胆石症 枝幹葉8g、カキドオシ4gをコップ5杯の水で2/3量になるまで煎じ、温かいうちに服用するとよい。
口角炎 生の幹枝を火であぶり切口からでる液汁を塗布すればよい。
解熱、解毒、利尿
リウマチ、肝臓病
糖尿病
幹枝葉1日量6〜12gをコップ3杯の水で1/3量になるまで煎じ、1日3回服用するとよい。
低(高)血圧症
不眠症、冷え症
強壮、強精
核果を果実酒にして飲用するとよい。
サルノコシカケとクマヤナギを配合して煎服するとよいという。
メモ 漢名 : 蛇藤(じゃとう)
果実は食用になる。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.