自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

メギ  メギ科 メギ属   方言: トリッコトマラズ,トリトマラズ,ヘビノボラズ,ヨロイドオシ
学名: Berberis thunbergii DC.
メギの花 メギの実
メギの花 メギの実
山地のやや湿った所に生える高さ2mくらいになる落葉性の低木。幹は直立し多数分枝して叢生する。枝は褐色で節には鋭い刺があり、前年の枝に稜がある。幹の内部は黄色で苦味が強い。葉は倒卵形〜楕円形で小さく、全縁で裏面は淡緑色、しばしば白味をおびる。葉は新枝には互生し、短枝には叢生しほとんど柄はない。叢葉の下には葉の変化した鋭い刺があり、若枝の葉は円形で長い柄がある。4月頃、新葉とともに細長い花柄をだし、淡黄色で六弁の小花を下向きに2〜4個つける。花後楕円形の液果を結び秋に紅熟する。
薬用部分 幹枝、根、果実
採取時期 幹枝、根 : 年中(6月が最適)
果実 : 秋
調整法 幹枝、根 : 陰干し
果実 : 日光干し
薬効と用い方 はやり目、ものもらい
涙目、ただれ目
結膜炎
生または乾燥した幹枝、根、果実の煎液で洗眼及び罨法をするとよい。
健胃、整腸、胃炎
胸やけ、腹痛、下痢
蛔虫駆除
1日量2〜4gをコップ1杯の水で半量になるまで煎じ、服用するとよい。
口のまわりの瘡 煎汁で洗滌するとよい。
口の中のできもの 煎汁でうがいをするとよい。
肝炎、黄疸 幹枝、根、果実1日量20gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用するとよい。
メモ 果実は果実酒にする。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.