自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

オオバコ オオバコ科 オオバコ属 方言: ゲロッパ,カエルッパ,ビッキッパ
学名: Plantago asiatica L.
家の庭先、道端、草原、荒地など、どんな所にも生える多年草。根は多く四方に広がる。葉は根生葉だけで10枚ほど束生し、楕円形または卵形で、平行して数条の太い脈が走る。葉柄は長く鞘は膜質で葉身と同じくらいの長さがあり、断面は三角状で内側をかこみ太い筋がある。春から秋にかけて、葉の間から20cmほどの花茎をのばし、単穂状花序をだし、白色の小花を密につける。葉が広く大きいのでこの名(大葉子)がついた。
薬用部分 花期の全草、葉、種子
採取時期 全草 : 夏
種子 : 秋
生葉 : 随時
調整法 全草 : 陰干し
種子 : 日光干し
薬効と用い方 咳止め、喘息、百日咳
むくみのときの利尿、膀胱炎
種子1日量5〜10gをコップ1杯の水で半量になるまで煎じ、食後に服用するとよい。
歯痛 生葉を塩でもみ、痛む歯で噛みしめる。たびたび替える。
健胃 全草15gをコップ3杯の水で煮立てて茶代りに飲むとよい。
婦人病 乾燥した葉1日量10〜20gを煎服するとよい。
便秘 全草1日量20gをコップ3杯の水で半量にまるまで煎じ、服用するとよい。 
止血 根元の綿毛で患部をつつむとよい。
同じ仲間 エゾオオバコ、ヤツマタオオバコも同様の効果がある。
メモ 漢名 : 車前(しゃぜん)、種子は車前子(しゃぜんし)
若葉は食用となる。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.