自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

シソ   シソ科 シソ属
学名: Perilla frutescens (L.) Britton var. acuta (Thunb.) kudô
アオジソの葉 アオジソの花
アオジソの葉 アオジソの花
中国南部の原産で、古い時代に我が国に渡来し、食用として畑に栽培され、野生化もしている高さ20〜80cmになる一年草。茎は四角形で直立して分枝する。葉は対生し、長い柄があり、広卵形で先が鋭く尖り、ふちには鋸歯がある。茎、葉ともに特有の芳香があり、濃い紫色をして質は軟らかく薄い。7〜9月、茎の先端や枝先に総状の花穂をだし、淡紫色の小さな唇形花を多数つける。花後球形の果実を結び、宿存萼に包まれている。アオジソ、チリメンジソ、カタメンジソ等の品種があり、用途によって栽培される。

薬用部分 茎葉、種子
採取時期 茎葉 : 6月〜9月
種子 : 秋
調整法 茎葉 : 半日日光干しの後陰干し
種子 : 日光干し
薬効と用い方 風邪、咳止め 茎葉、種子1日量6〜10gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用するとよい。
健胃 葉1日量10gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用、または、粉末をふりかけにして常用するとよい。
リウマチ、腰痛
五十肩、打撲の痛み
茎葉500gを手拭二つ折の袋に入れ、水のうちから風呂に入れ浴料にするとよい。
魚の中毒、ふきでもの 茎葉、種子3〜6gを一回量とし、水で服用、または葉の粉末茶さじ1杯分を熱湯を注いで服用するとよい。
外傷  生葉のもみ汁塗布。
メモ 漢名 : 紫蘇(しそ)




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.