自然の恵み活用レシピ集     薬草(民間薬)   トップページへ

シュンラン  ラン科 シュンラン属   方言: ジジババ,ズンドババ,ホクロ
学名: Cymbidium goeringii (Rchb. f.) Rchb. f.
シュンラン
低山や丘陵の日当りのよい乾いた林内に生える多年草。花の形、葉の斑入り等変化が多く、採取して庭園内に植栽する人も多い。根は肉質で太い紐状となって四方に張る。鱗茎は白色で球形、数個が連なっている。鱗茎の上部は枯れ葉の基部で包まれている。葉は2列の扇状にでて、20〜50cmの細長い線形で、質が硬く、上部は湾曲してたれ下り、へりには鋸歯がありざらつく。4〜5月、根元から花茎をだし、先端に3〜5cmで左右相称の淡黄緑色で香気のある花を横向きにつける。唇弁は厚く濃い紅紫色の斑点がある。花は通常、一茎一花であるが、稀に2〜3個のものもある。
薬用部分
採取時期 春〜秋
薬効と用い方 ひび、あかびれ、しもやけ 根をよく水洗いし水気を取ってから、銀紙に包んで黒焼きにし粉末にしたものをご飯粒で練って、ガーゼか布にのばし患部に貼る。乾いたら取り替えるとよい。
膵臓炎 生または乾燥した根を煎服するとよい。




ページトップへ




| サイトマップ | このサイトのご利用について | お問い合わせ | リンク集 |
Copyright (C) 2005 Wild Botanical Laboratory. All Rights Reserved.